HOME>特集>売れなければ意味がないからこそ営業マンを選ぶ

安心できる保証をつけよう

積み木

福島市での不動産売却では、売却を目的として不動産を取得する場合を想定しておくことが、失敗しないためのポイントです。法律や業界で定めた一定ルールに則って、広告などを打ち出す売却のための戦略を、仲介会社と練ることになりますが、インターネットや折り込み広告の元になる情報の開示が必要です。不動産売却では、例えば、戸建ての場合には、3LDK・築浅戸建てなどの住宅の特徴を表すコピーをつけます。施工業者の保証サービス付き、契約時までに専門家による建物調査を行った上で引き渡しなど、保証をつけることは重要です。

敷地状況がポイント

男性

福島市での不動産売却では、不動産チラシでの買い手募集も行うでしょう。物件の販売価格決定を任されるのは、仲介会社に勤務してから10年以上の知識を持つ営業担当者ですから、何より、複数の会社の営業担当者と会うことはポイントです。専任、専属専任ともなれば、他社は自由に取り扱えなくなりますし、仲介手数料が発生するので、多くの会社にコンタクトを取りましょう。どんな不動産ならば売れるのか、狭小地であっても営業マン次第で希望価格で売れることもあります。しかし、気をつけたいのは、やはり敷地状況です。四方を建物に囲まれているだけならまだしも、建物の最高高さに最も厳しい規制がかけられる第一種低層住居専用地域であったり、将来的に建物が建つ心配があるなどあれば、価格を下げることも必要かもしれません。

広告募集中